B2Bマーケティング基礎講座

​​(オンラインセミナー)

講座一覧

~ 全8講座 ~

※8講座全てを受講された方には、修了証書を発行いたしております。

​※『視聴する』ボタンをクリックすると、各講座の一部をご視聴いただけます。

【1】

フレームワーク

講座

フレームワークは、ビジネスでマーケティング的思考を持って考える時に基本となる考え方の枠組みです。


3C/SWOT/4P/4Cなど基本のキから、もう少し踏み込んだ内容まで学べます。

◆主なカリキュラム
・論理的思考とは
・「漏れなく、ダブりなく・・・」(演習)
・フレームワーク

◆期待できる効果
企画・提案の考え方、社内会議の進め方が変わります。

【2】

ビジネスデータの読み解き思考術

ビジネスで使うデータの考え方が学べます。

どのように仮説立てし、シナリオとして企画・提案などに活かしていくか、その基本を知り、柔軟性のある思考展開の起点を体感できます。

◆主なカリキュラム
・四則演算という考え方
・「XXXXは幾つと予想されるか?」(演習)
・仮説思考~その1~

◆期待できる効果
ビジネスで使うデータの見方が変わり、案件獲得や創出のための思考の下地作りが出来ます。

【1】【2】をセットで受講された方がより理解が進むのでお勧めいたします。

集計結果をただ漫然と眺めるだけではなく仮説思考を持って考える手法や、単純集計、クロス集計より、一歩踏み込んだ分析方法など学べます。

◆主なカリキュラム
・定量データと分析の意味
・分析の手順と分析データの読み解き方
・データから考える(仮説思考~その2~演習)

◆期待できる効果
目的に応じて分析データの扱い方を変えることができ、データの見せ方も変わります。

 【3】

定量分析の

本質と活用

数値化しにくい感性、価値観、インサイトなどの定性データをどう活用するのか。
そこから売上アップや顧客理解にも繋がる分析手法を学びます。

◆主なカリキュラム
・定性データとは
・定性分析の手法と読み解き方
・データから考える(仮説思考~その3~演習)

◆期待できる効果
定性データを分析・読み解く手法を学び、より精度の高い仮説立てが可能となります。

【4】 

定性分析の

本質と活用

【3】【4】をセットで受講された方がより理解が進むのでお勧めいたします。

【5】

B2B

マーケティングの実践

B2BとB2Cの違いを知り、お客様を知り、お客様に選んでいただくための5つのポイント(BASiCS)を学びます。


◆主なカリキュラム
・B2BとBASiCSという考え方
・「顧客を知る」ということ
・「顧客に選ばれる・相談される」ためには?

◆期待できる効果
現在の営業状況の見直しと棚卸しをし、現在の営業課題を見つけることが出来ます。

【6】

B2B販売における提案の考え方

B2B販売において、相手(お客様)に伝わる提案、共感を得られる提案をすることは大事です。引合いが多い日本の営業スタイルに必要な、提案型営業について学べます。

◆主なカリキュラム
・「誰に・何を・どのように」提案するのか
・提案構成の考え方
・MA(マーケティングオートメーション)~ABM(アカウントベースドマーケティング)、そしてDX(デジタルトランスフォーメーション)

◆期待できる効果
市場の変化を意識し、クライアントとの新たな関係性を再構築するヒントが得られます。

【5】【6】をセットで受講された方がより理解が進むのでお勧めいたします。

お客様に提案するためには、「ヒアリング」=「きく」ことが必要です。「きく」には3つあり、それぞれのステップにおいて注力すべきことが変わります。


◆主なカリキュラム
・「きく力(ちから)」とは?
・「聞く~聴く~訊く」3つの「きく」


◆期待できる効果
3つの「きく」を学ぶことでお客様のニーズや潜在的意識を引き出し、真の課題や目的を把握するためのコミュニケーションが可能となります。

【7】

訊く力

「伝える」=プレゼンテーションの本質を基本を知り、伝えるTPOによって変化が必要なことを学びます。また、プレゼンテーションの具体的な準備事項、そして本番にすべきことを学べます。

◆主なカリキュラム
・伝えるということ~プレゼンテーション~
・プレゼンテーションの目的とゴール~種類・手法・構成・準備
・プレゼンテーション本番~その後

◆期待できる効果
相手に伝えたいことを正確に伝えるスキルが身につきます。

【8】

伝える力

【7】【8】をセットで受講された方がより理解が進むのでお勧めいたします。

※ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せください。

メールフォーマットへ

LYST Channel > B2Bマーケティング基礎講座