「感性マーケティング」講座

< 日本マーケティング・リテラシー協会認定講座 >

感性マーケティング

オープン講座

1.感性マーケティングオープン講座

 

〝感性”とは、「五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)」を中心とした、人間が持つ感覚的に物事を捉える能力の1つです。学術的には、「環境の変動を感知し、それに対応し、また自己のあり方を創造していく価値に変わる能力である。」と位置付けられています。

近来では、「感性工学」の研究が進み、車のデザイン、室内のカラーリング、橋梁のデザインから商品パッケージまで、様々な分野で活用されています。

『マーケティング解析士』の講座は、この〝感性”をキーワードに、定量情報と定性情報を組み合わせた体系的なマーケティングメソッドを学び、「戦略の意思決定」を行えるスキルを習得し、「事業の成果」に結び付けられる人材を育成するものです。

オープン講座では、事例の紹介とともに、『マーケティング解析士』講座の概要、資格取得のメリット、日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)の方針をご説明いたします。

2.初級マーケティング解析士講座

 

『初級マーケティング解析士』認定講座は、マーケティング戦略策定の体系的な基本知識および定量情報と定性情報、特に感性情報とは何かを学び、実務を行うための基本知識習得を目標としている講座です。

■マーケティング戦略策定の体系的な基本知識

■感性マーケティングの基本概念およびアプローチ方法

​について習得できます。

3.上級マーケティング解析士講座

 

4.マスターマーケティング解析士講座

 

『上級マーケティング解析士』認定講座は、基本的なマーケティング理論から踏み込んで、感性情報を定量的に分析し、戦略策定を行うテクニカルスキルを体系的に学べる講座です。

■戦略策定の体系的な実務スキル

■経営の意思決定に役立つ分析を行うことができる実務スキル

■定性情報を定量的に分析できるスキル

■お客様の本質的にニーズを引き出すスキル

​について習得できます。

『マスターマーケティング解析士』認定講座は、マーケティング解析士の初級・上級の認定講座を「教えるスキル」および「経営者とコミュニケーションをとれるスキル」を学べる講座です。

定量情報と定性情報を組み合わせてマーケティング戦略策定の実務を行える人材、また大学や専門学校、企業研修において、このテーマのカリキュラムを教える人材も不足しています。

■経営者とコミュニケーションが取れ、論理的な提案ができるスキル

■課題の本質をとらえ、問題解決ができるスキル

■セミナーを開催できるスキル

​について習得できます。

『マスターマーケティング解析士』となって、企業が求める新しい価値を解析するマーケティングの人材を育てていきましょう。

Home > サービスコンテンツ > サービスメニュー > 「感性マーケティング」講座